« FCバルセロサ サッカーレッスン | トップページ | WRC2006 総集編 制作風景 »

2007年1月19日 (金)

ダカールラリー現地レポートその2

ども。
ダカールラリーって何日までだっけ??
と調べていた矢先に出張中のダカール渉外担当からレポートが送られてきました^^;;

と、言うわけで遅くなりましたが現地レポートその2です。

ここから----

パリから約3時間。

アフリカ最初のゴール地点エルラシディアに到着。

070108_7 飛行機のタラップを降りると、そこはレース本部!主要なスタッフや本部設備はすべて飛行機での移動です。腕利きのパイロットたちがあらゆる状況に対処し、レース本部を運んでいきます。




070109_3そして、この飛行機の中に大会本部があります。

ここに、レースのすべての情報が集まります。パリの本部と直結し、24時間体制で、レース参加者だけでなく、大会関係者の車やヘリの位置、事故などレースの進行状況を把握し、対処しているところです。



070109_2このテントの中に、ジャッジが駐在しています。
各出場者の動向に目を光らせ、ルールに反した参加者には、タイムや罰金などのペナルティが科せられます。
一番多いのはスピード違反だそうです。罰金は、「ダカール.アクション」というアフリカの環境保護活動に寄付されます。


070108_6 医療に関しては、医者50名、ヘリコプター4機を配して、さ
まざまな状況に対応できるよう、万全の体制をとっているそう
です。簡単な手術も対応できるとのこと。







070108_5整体などもあるようです。






070108_9  ダカールラリーには、なんと160名ものジャーナリストが同
行しているそうです。プレスセンターも記者でぎっしり。彼ら
も、ダカールラリーを飛行機や車で旅します。(写真右)







本部エリアのとなりに、コンペティターズ・ビバークと呼ばれ
るレース参加者たちのためのエリアがあります。
となりといっても、かなり広いので、移動には徒歩10分程度かかってしまいます。


こちらに各参加者たちがチームごと、グループごとに陣取って、マシンの整備やそのための準備をしています。
ドライバーたちの本拠地もここ。ゴールすると各自の場所に帰着し、マシンを降りて、要望があればインタビューに応じたりしています。

VW
070108vw 070108vw_1 070108vw_2


三菱
070108_10 070108_11

ここまで----

|

« FCバルセロサ サッカーレッスン | トップページ | WRC2006 総集編 制作風景 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164953/13571776

この記事へのトラックバック一覧です: ダカールラリー現地レポートその2:

« FCバルセロサ サッカーレッスン | トップページ | WRC2006 総集編 制作風景 »