« 福藤選手 | トップページ | ダカールラリー現地レポート6 »

2007年1月26日 (金)

ダカールラリー現地レポートその5

   - ランチ -

ごはんはどうしているのか?気になりますよね??
こちらがランチの様子。といっても、ここは拠点に居残りしている人たち用です。主にTVクルーや取材陣、といったところのようです。

Dsc00778 Dsc00781 Dsc00984

料理が2品、パンとチーズ、果物が基本パターンの様子。メニューは毎日変わります。飲み物は、水、ペリエ、コーラなどの炭酸飲料、ビール(!)、そしてコーヒー、紅茶が自由に飲めるようになっていました。

ランチタイムが終わると、パンが置かれ、間食として食べられるようになっていました。
ちなみに、選手などにはランチボックスが支給されるそうです。

- 夕食 -
夕ごはんは壮観です。昼間は、運動会前の運動場みたいな場所。
Dsc00876 Dsc00875 Dsc00916

夜になると、「レストラン」の立て札が立つのですが、ここで全員が夕食をとるのです!

セルフサービス制で、メニューは決まっています。それぞれ自分の分をとったら、テントの下に敷きつめられたカーペットに座って、食事を取ります。本部スタッフも、選手も、チームスタッフも全部一緒。

作業で来られない人もいるかもしれませんが、基本的にはこのスタイルです。ヨーロッパの夕食は、夜8時ころからが普通なのだと思いますが、レースが終わり、日が暮れると、人が集まり、7時ごろがピークのようです。翌日の準備もありますから、あまり遅くなりたくないのでしょうね。

私が食べた日のメニューです。

Dsc00911

左上から時計回りに、マッシュルームのスープ、チーズ、デザート(チョコレートタルト)、蒸した、またはゆでた鳥もも(骨付きです)とカレー味の煮込み(じゃがいもと玉ねぎ!)、クスクスのマリネ。
名称は勝手に私がつけたものです!

あと大きなパンもあったのですが、これは取らなかったので写ってません。他にコーヒーや紅茶も飲めるようになっていました。1日で消費する食料は1.5トン、水は500mlのペットボトルで12000本とのこと。毎日のラリーをこなしていく上で重要な食事を、大会側がここまで面倒を見てくれるのは、参加者にとって非常にありがたいことでしょう。

|

« 福藤選手 | トップページ | ダカールラリー現地レポート6 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164953/13667995

この記事へのトラックバック一覧です: ダカールラリー現地レポートその5:

« 福藤選手 | トップページ | ダカールラリー現地レポート6 »