« オヤブン達のWM24レポート(その1) | トップページ | オヤブンの植物レポート »

2008年3月31日 (月)

オヤブン達のWM24レポート(その2)

WWEは、社会貢献にかかわる活動もいくつか行っていることが知られています。

今回のレッスルマニア24直前にも、「リーディング・チャレンジ」という子供たちの読書をうながす活動や、「メイク・ア・ウィッシュ・ファウンデーション」などのイベントが行われました。

ユニバーサル・スタジオで行われたのは、「メイク・ア・ウィッシュ・ファウンデーション・パーティー」。
   
難病と闘う子供たちとその家族が集まり、スーパースターたちを囲んでパーティーをするのです。
このファウンデーションは、難しい状況におかれた人たちに向けた活動であることから、メディアの取材は厳しく制限され、この日取材可能なのは、スーパースターたちや子供たち、家族が到着して車を降りてから、建物に入るまでのレッドカーペットの上だけ。
まだ人がまったく入っていない状態でも、会場内の撮影は一切出来ません。
03_31_07

この日、イベントに参加したのは、クリス・ジェリコ、ミック・フォーリー、ミッキー・ジェイムスの三人。加えて、ジョン・シナもカーペットからはずれたところに登場しましたが、こちらは一切取材不可。(だから写真もありません。ごめんなさい。)メディアもきちんとその指示に従います。
03_31_05 03_31_06

子供たちを迎えるスーパースターたちの態度はとてもやさしく、気持ちがこもっていて、心を打たれました。
またその間にTVなどの取材も受けるのですが、切れ目ないコメントのリクエストにもいやな顔一つせず、非常に熱心に思いを語っていたのも、とても印象的でした。

|

« オヤブン達のWM24レポート(その1) | トップページ | オヤブンの植物レポート »

「WWE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164953/40702746

この記事へのトラックバック一覧です: オヤブン達のWM24レポート(その2):

« オヤブン達のWM24レポート(その1) | トップページ | オヤブンの植物レポート »