« 『WWE ヨシ・タツ&マリース ファンミーティング』7/8(木)開催決定!! | トップページ | WWE日本公演チケットプレゼントキャンペーン実施中! »

2010年6月28日 (月)

昨日のドイツvs.イングランド

昨日のドイツvs.イングランドの試合が波紋を呼んでいますね。

イングランドの前半38分、ゴール前の混戦からフランク・ランパード選手のシュート。
スローで見ると完全にラインを割っているため、イングランドのメディアは、ホームページに幻のゴールの写真を大きく掲載し、”イングランドは審判に殺された”と怒りをあらわにしているそうです。

44年ぶりに優勝を目指したイングランドは、ベスト16で敗退。

―審判の下すジャッジの影響は ときに世界を揺るがす―


映画『レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』では、「サッカー」というフィールドで、審判が持つ絶大な影響力と、誤審によって呼んだ大きな波紋が描かれています。

サッカーの試合を陰で支える審判の姿に迫ったドキュメンタリーは絶賛公開中です。
http://www.webdice.jp/referee/


|

« 『WWE ヨシ・タツ&マリース ファンミーティング』7/8(木)開催決定!! | トップページ | WWE日本公演チケットプレゼントキャンペーン実施中! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『WWE ヨシ・タツ&マリース ファンミーティング』7/8(木)開催決定!! | トップページ | WWE日本公演チケットプレゼントキャンペーン実施中! »